アレルギー疾患と副交感神経の関係

交感神経と副交感神経のバランスによる影響

交感神経と副交感神経のバランス影響

恒常性の維持(ホメオスタシス機構)とは身体が環境変化によって左右されないように、身体の状態を調節することをさします。このホメオスタシス機構を維持するのに関与しているのが自律神経なのです。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経の2つの神経の事を差します。この2つの神経が拮抗して身体のバランスをとっているので、正常な生命活動を行う事が出来るのです。
交感神経は主に昼間に働き、副交感神経は主に夜間に働きます。我々が、一般的に昼間に活動したくなり、夜が来ると眠くなるのも自律神経の作用です。

 

交感神経が働いている時は、体内ではアドレナリン(神経伝達物質)が放出され、身体を活動しやすい状態に持っていきます。逆に副交感神経が働いている時はアセチルコリン(神経伝達物質)が放出されリラックスモードに入ります。

 

アドレナリンが出ている時とアセチルコリンが出ている時の違いについての差
*アドレナリン=ADとしアセチルコリンをACとします。
気道: AD拡張  AC収縮
血圧: AD上昇  AC低下
心拍: AD促進  AC緩徐
血管: AD収縮  AC拡張
呼吸: AD早い  AC遅い
消化: AD抑制  AC促進
排泄: AD抑制  AC促進
生命活動に関してこういった違いがあります。

 

他にも、怒っている時や緊張・興奮している時はアドレナリン優位になり、笑っている時やリラックスしている時はアセチルコリン優位になります。このバランスが偏り過ぎる事で病気になり易い身体になってしまいます。

 

免疫系にも違いがあり、交感神経が働いている時は白血球の働きが活発で外敵(細菌)が侵入した際に働いて、攻撃してくれます。しかし、過度な攻撃をする事により正常な細胞まで傷つけられてしまいます。重度になると細胞の癌化を招いてしまいます。
逆に副交感神経が働いている時は、リンパ球の働きが活発でウイルスなどが入ってきた時に排除する働きをしてくれます。風邪を引くと睡眠をしっかり摂る必要があるのはこういった意味もあります。しかし、副交感神経優位な状態が続くとリンパ球の過剰反応が起こり、アレルギー疾患を引き起こす原因になります。

 

交感神経と副交感神経はシーソーのように絶えず動いています。時間帯による変化、気圧や気温の変化、湿度・季節によりバランスが変わっています。基本的には日中は交感神経優位に働き、夜は副交感神経優位になります。その為、夜間はリンパ球の活動が活発になりアトピーの人は痒みが酷くなったりし、喘息持ちの人は喘息発作が起こり易くなります。

 

喘息やアトピーなどに悩まされることのある人は、このような作用が気圧の変化や季節の変化により影響することを覚えておくと良いと思います。

トップへ戻る