副交感神経優位になるポイント

先日、東京から帰って参りました。京都と比較するとまだ暑さはマシな感じがしましたが、暑い事には変わりありませんね。
ようやく、東京に行くのも慣れてきた感じで、初めて六本木に行きました(本を買う為だけに・・・)。
最初はかなり緊張していましたが、最近では東京に行くのが楽しみになってきています♪

さて、最近施術をしているとある事に気付いたんですが・・・

首や肩の筋肉が硬い人は、首の前部の筋肉のハリも相当強く、硬くなっております。
この部位を触るのを嫌がる方も非常に多く、痛がる方は多いです。非常にデリケートな部位でもあるので、慎重に施術を行う必要はあります。

頭痛や肩関節の痛み及び腕の痺れ等にも関与する部位でもあるので、悪い人は軽く触らせてもらっています。

触りはじめは確かに痛みが強いのですが、慣れると心地良くなりリラックス出来るようになります。

今回、この事で首には副交感神経優位になるポイントがある事に気付きました。以前から、動物等の首をなでるとおとなしくなる事に疑問を感じていたのです(うちにはチンチラがおり、いつも暴れまわっておりますが、首を触ると驚くほどにおとなしくなるので)。
とはいえ、あくまで私の経験から言える事なので・・・。

そして、背中の筋肉が硬くなっている人は交感神経優位な生活を送っているか、睡眠がしっかり摂れていないケースが考えられます。単純に姿勢が悪いというだけの問題ではないことも多々ありますので、心当たりのある方は、寝る前に少し首を温めてあげると良いかと思います。

生活を送るうえで、交感神経・副交感神経はバランスよく均衡を保っていますが、この均衡が崩れる事で体に様々な影響が起こります。その為にはご自身の生活を見直すようにして下さい。

汗疹

例年と比較すると暑さはかなり軽減されている気はしますが、やはり日中は暑さが気になる季節です。

この時期になると外に出ると日焼けが気になりますよね。農作業をされている方や外で業務をこなしたりスポーツをされている方はかなり皮膚が焼けている人が増えきます。

この日焼けですが、皮膚の水分量も影響していて、水分量が多いと日焼けもマシな傾向にあります。
日焼けも問題ですが、汗疹にも悩まされる機会が増えてきます。この汗疹ですが、基本的に関節の付近で起こります。

肘、膝、腋、股間、首等といった関節部分に発生し易いです。なぜでしょうか?

関節部分というのは通気も悪い部分の為、熱が篭り易かったりします。その為に、体温調節の為に汗と言う形で体内の熱を外に放出する為に汗となって体外に熱を逃がします。

汗を出した部分と言うのは、水分が汗となって放出されている為、その箇所は水分不足となっています。そのせいで皮膚は乾燥してしまい掻痒感に襲われるといった現象を引き起こすのです。そして関節部分はリンパ節が近くにあり体内毒素を排出する役割も担っています。その為、新陳代謝の激しい若者は特に汗疹が出易いといった事が起こるのです。

汗疹が出来る主な原因は水不足と皮膚の体内毒素の排出です。その為に、夏場に汗を多量に出す機会があるのなら水分摂取はしっかりと行い、出来れば化粧水などで乾燥ガチな部分に潤いを与えてあげる事をお勧めします。

天候不順による目眩

体内の浮腫みが多いと、気圧の変動により体調変化が起こり易いです。

大気の状態が高気圧状態の時は、血管が適度に収縮していますが低気圧になると血管は拡張傾向になります。その事で低気圧になると体液は上がり易くなるため、身体に変調をきたします。

雨の降る前に頭痛が起こるという人がおられますが、これは体液が過剰に脳に流れている状態と考えられます。血液が過剰に流れる事で、脳内の痛覚受容器が刺激されるため、頭痛を引き起こしてしまいます。

ここで目眩の話になるのですが、人間の平衡感覚を操作しているのは耳の三半規管の部分なのですが、その部分はリンパ液で満たされています。そこに、多量のリンパ液が流れ込むことで平衡感覚の感知機能に乱れが生じます。その事で目眩が引き起こされるのです。

上記の事から考えると、普段から浮腫みがちな傾向にある人は体液循環を促す対策をしておくべきだと思います。その為には足首をしっかり動かすことが重要です。日頃座りっぱなしだったり、動く機会の少ない人は意識的に動く習慣をつけてください。

来客

先日、川本治療所の患者さん及び川本療法の生徒さんでもある、サマンサさんが来られました。

サマンサさんは掌蹠膿疱症、リウマチ、橋本病などに長年悩まされて川本療法に巡り合い、症状を改善された方なのです。

症状が酷い時の画像を拝見させて頂いた事もありますが、本当に苦しまれていたことが良く分かりました。現在はご自身の努力もあり、寛解状態を維持出来ているようです。ご興味のある方は一度、ブログの方を閲覧下さい。
アドレナルセラピスト サマンサブログ

同じような疾患のある方への希望になると思いますので、覗いてみてください。

頭痛は治る?

クライアントさんのお話を聞いていると、頭痛が良くおこると訴えている方が沢山おられます。
施術を行うことでその時は改善されますが、月日や時間が経過すると同じように頭痛が発生したりします。

これは、どういう事かと言うと、根本的な部分が欠けているから再発するのですが、この根本部分というのは人により違います。継続した頭痛の改善を望むのであればご本人の努力が必要になってきます。

生理の影響による頭痛であれば、それに見合ったアプローチ。食生活からきてるのであればそこに対する指導。体液循環の影響による頭痛であれば体液循環を促すアプローチ。骨格の歪みによる頭痛であれば歪みを矯正もしくは影響を少なくするアプローチ。ウィルスによるものであればそこに対するアプローチ。筋肉の過緊張によるものであれば筋肉へのアプローチなどといったように単純に頭痛といっても、上記のように頭痛を引き起こす要因が沢山あるわけです。中にはこれらが複合しているケースもあるので更にややこしくなります。

頭痛というのは基本的には頭に流れる血管が拡張し痛覚受容器を刺激する事が原因で引き起こされるのですが、この拡張を収縮させたりすることで頭痛を鎮めることができます。薬を飲むことでマシになるのはこの拡張作用を抑制するからなのです。

上記したように様々なケースでの頭痛がある為、頭痛を真剣に根本から治したいと思うのであれば、こういったメカニズムをしっかり説明し、指導してくれる施術者・ドクターに相談することが一番の早期改善につながります。

ダイエットについて

仕事柄、痩せたいという要望を聞く機会が多いのですが、痩せるといっても極端に痩せるというのは正直目標が遠すぎて挫折する原因になってしまうと思います。例えば、体重100kg近い人が体重40kg台の人を目標にしても難しい物があると思うんです。長い目で見た目標としては良いと思いますが、大抵の方は挫折するのが目に見えます。
現実的に可能な部分に目を向けると、1~3kgの体重を減らすことから挑戦する事が良いのではと私は考えます。目標を実現可能そうな数値にもっていくことが成功体験につながり、脳からドーパミンが放出され、やる気にもなります。はなから無茶な設定にするのはこういった意味からもオススメしません。
*ドーパミンは神経伝達物質の一種で快楽・意欲等に作用します。

後、その人の今の体型を生かした身体作りも大事だと思います。元々、遺伝子的に痩せ体系の人もいればポッチャリ体系の人もいる訳です。遺伝的というのを変えるのは至難の業で、細胞レベルで考える必要も出てきます。親子で骨格が似てくるのは遺伝的要因が強いです。そして食生活も同じものを食べる事になる為、似たような体型になります。

私の持論ですが痩せるという事よりも筋肉を付けるという感覚を付ける方が大事な気がします。例えば、「二の腕が太いから細くしたい」といった場合であれば、腕立てやストレッチを行うだけで解決することが多々あります。それはなぜか?筋肉がたるんでしまいそこに水分が溜まり、腕を太くしているといったように、パーツ単位で考えれば身体を引き締めるだけで解決する事もあります。
ただし、筋肉を付けると比重が重くなるので体重増加に繋がります。

体重というのは、あくまで自分の目方であって健康の指標ではないです。どんなに体重が少なくても筋肉がなければ大問題です。ですので、単純に体重の目方を基準にしないように気を付けてください。

私がお勧めするのは、今の体型を生かした筋トレを行い、メリハリのあるカラダに変えて行く方法です。今ある体型の一番気になる部分にクローズアップしてそこをどうやって鍛えていくかを探して、自分にあったやり方で鍛えていくことが結果ダイエットに繋がって行くはずです。そして、今の自分の姿勢を変えるだけでも見え方は随分変わってきます。どんなに体重が減っても健康的に痩せないと意味が無い事は忘れないように。

後、気を付けないといけないのは食生活です。どんなに健康的に運動をしていても身体の栄養になり難い食品や酸化したものを摂取していては無意味です。特に時間経過した油を使用した食品は避けるに越したことはありません。あれは過酸化脂質の塊です。血管を老化させる原因となりますので、ご注意を。

皮膚の過敏さ

発達障がいの人は、皮膚感覚の敏感な方が多く、他人に触れられるのを嫌がる傾向があります。
触れようとすると、拒否することや身体を捩って逃げようとすることが多々あります。

以前から、当院に通院されているクライアントさんでそういった反応を示していた方がおられたのですが、最近変化が出てきており、触ることに対する抵抗反応が薄くなり、以前では嫌がっていたようなアプローチも可能になってきました。
本人が一番悩んでいた友人関係も以前と比較し過ごし易くなっている様子でした。学校生活も比較的送り易く来ているようです。私自信がお伝えしたことをして下さっているようです。サボっている事も多いようですが・・・。

安心はできませんが、楽になってきているのはご本人ご家族の努力の賜物だと思えます。

皮膚感覚が過敏であるという事はあらゆるものに対して敏感に反応し易いということが言えます。その過敏さを抑制できている影響で外部からの肉体的・精神的な刺激を少しずつ受け流すことができることに繋がっているのではないかと考えられます。

後、色々と相談に乗って頂いているドクターに言われたのは、同じような疾患をもっている方や家族との交流をもつことも大事だと。そして、そういった事に参加する事で様々な情報、気付き等が得られるので積極的に参加してみる事をお勧めします。と言われました。
私自信も確かにその通りだと思います。

実際に経験している人の言葉の方が重く、当事者でないものが言ったところで机上の空論でしかないですからね。

生理が起因する腰痛

先日、ぎっくり腰で立てないという事で来院されたクライアントさんですが、最近は重労働が多く腰に負担の掛かることが多々あった様子でした。

ぎっくり腰の時は基本、痛い動作を避けて施術を行わせて頂きゆっくりと筋緊張を解していくのですが、緊張の範囲が広すぎると中々解れなかったりします。全ての施術に言えることなのですが、緊張が強いと肝心な部分にアプローチが出来ないため、思ったような結果出にくいのです。

施術させていただき、緊張がある程度取れてアプローチすると少し緩和したのですが、まだ、痛みがあったので詳しく聞いてみると生理痛も複合していたようで、その事が今回の症状が酷い原因だとわかりました。

生理痛というのはホルモンの影響により、起こるのですが人により症状の酷さはマチマチです。聞いてみると、毎回生理痛の時は腰痛が起こり易いとの話でしたので、とりあえず初回は安静にしてもらうように指導させて頂き、後日、子宮に関連した部分にアプローチをして施術を終了しました。

翌日には嘘のように楽になったとの報告を受け安心しました。

女性の場合は男性と違い生理がある為、そういった部分も考慮して施術を行う必要があります。今回はそういったわかり易い例でした。

ADHD(注意欠陥多動障害)

先日ADHDのクライアントさんが来院されました。

ADHDとは発達障害の一つで、落ち着きがない・集団行動が苦手・諦めが悪い・ミスが多い等の症状が見られます。

飽きっぽい性格の為、何事も継続できず途中で投げ出すことが多いとの事でした。
そして勉強の成績も思わしく無く今後の事も考えて当院に相談に来られました。

なぜ、ADHDになるのかという理由は現在詳しくはわかっていません。
このような状態になるのは、前頭葉の働きに問題があり、それが行動に現れていると考えられます。

神経伝達物質である、ノルアドレナリンやドーパミンといった物質の不足が影響していると考えられ、それらの物質が足りない為やる気が出なかったり、根気が出ないといった事に繋がっていると思われます。病院でもお薬の処方箋の話も出ていたようです。

今回、来られた際にお伝えしたのはこの状況になっている仕組みについてと日常生活での改善できる部分のお話をさせて頂き、食生活やお水の重要性などもお話させて頂きました。

私のアドバイスがどれだけ役に立つかは未知数ではありますが、良い方向に向こう事を切に願います。

肩凝りって治らないんですか?

先日、来院されたクライアントさんから、タイトルのような質問を受けました。

正直、自分自身の努力で良くもなるし、悪くもなるとお伝えしました。
こういった方の思考で多いのは「先生が治してくれたら治る」って考え方です。さて、これって正解なんでしょうか?

今の自分の状況というのは、年数を重ねて出てきた状態な訳です。何年もかかって作り上げられた物が一瞬で治ると思いますか?
例えば地盤の緩みで家が傾いたとします。これって簡単に直りますか?直らないですよね。極端ですが、身体ではこういった事が起こっているから肩凝り症状が出てくるんです。

治すにはまず土台の修復から始めないといけない訳ですから、私が触っても本人の努力がなければ治らないわけです。神業のような技術や根本から治せるような先生がいるのなら別ですが・・・。私の技術不足でしょ?と言われればそれまでですがね。

そして、他にも問題がある場合も考慮する必要性があります。必ずしも絶対ではありませんが内臓関連が影響を及ぼしているケースが多々あります。人間と言うのは悪いところがあるとそこを庇うような姿勢をとります。

例で言えば、お腹が調子の悪い時って自然と背中を丸めますよね?これってお腹を守る為に丸くなる訳です。と言う事は、他に悪いところがあると同じようにカバーしようという働きが起こるわけです。そうなると、周囲の筋肉は硬くなる為、血行不良を起こしてアンバランスな状態を招きます。それが肩凝り状態を招いている事も十分にありうる訳です。

そういった側面からも考えていく必要もあるので、肩凝りを完全に治すには本人の努力が必要なのはお分かりいただけるでしょうか?