ADHD(注意欠陥多動障害)

先日ADHDのクライアントさんが来院されました。

ADHDとは発達障害の一つで、落ち着きがない・集団行動が苦手・諦めが悪い・ミスが多い等の症状が見られます。

飽きっぽい性格の為、何事も継続できず途中で投げ出すことが多いとの事でした。
そして勉強の成績も思わしく無く今後の事も考えて当院に相談に来られました。

なぜ、ADHDになるのかという理由は現在詳しくはわかっていません。
このような状態になるのは、前頭葉の働きに問題があり、それが行動に現れていると考えられます。

神経伝達物質である、ノルアドレナリンやドーパミンといった物質の不足が影響していると考えられ、それらの物質が足りない為やる気が出なかったり、根気が出ないといった事に繋がっていると思われます。病院でもお薬の処方箋の話も出ていたようです。

今回、来られた際にお伝えしたのはこの状況になっている仕組みについてと日常生活での改善できる部分のお話をさせて頂き、食生活やお水の重要性などもお話させて頂きました。

私のアドバイスがどれだけ役に立つかは未知数ではありますが、良い方向に向こう事を切に願います。

肩凝りって治らないんですか?

先日、来院されたクライアントさんから、タイトルのような質問を受けました。

正直、自分自身の努力で良くもなるし、悪くもなるとお伝えしました。
こういった方の思考で多いのは「先生が治してくれたら治る」って考え方です。さて、これって正解なんでしょうか?

今の自分の状況というのは、年数を重ねて出てきた状態な訳です。何年もかかって作り上げられた物が一瞬で治ると思いますか?
例えば地盤の緩みで家が傾いたとします。これって簡単に直りますか?直らないですよね。極端ですが、身体ではこういった事が起こっているから肩凝り症状が出てくるんです。

治すにはまず土台の修復から始めないといけない訳ですから、私が触っても本人の努力がなければ治らないわけです。神業のような技術や根本から治せるような先生がいるのなら別ですが・・・。私の技術不足でしょ?と言われればそれまでですがね。

そして、他にも問題がある場合も考慮する必要性があります。必ずしも絶対ではありませんが内臓関連が影響を及ぼしているケースが多々あります。人間と言うのは悪いところがあるとそこを庇うような姿勢をとります。

例で言えば、お腹が調子の悪い時って自然と背中を丸めますよね?これってお腹を守る為に丸くなる訳です。と言う事は、他に悪いところがあると同じようにカバーしようという働きが起こるわけです。そうなると、周囲の筋肉は硬くなる為、血行不良を起こしてアンバランスな状態を招きます。それが肩凝り状態を招いている事も十分にありうる訳です。

そういった側面からも考えていく必要もあるので、肩凝りを完全に治すには本人の努力が必要なのはお分かりいただけるでしょうか?

コンディショニング講座

先日、大阪で行われたコンディショニング講座を受講して参りました。

自傷、他傷行為を防ぐための周囲の人が知っておくと良い身体の使い方についてご指導いただきました。

暴力行動になった時、一番大変なのは周囲の人で抑える方も抑えられる方も傷つかないように立ちまわるにはどうすれば良いか?尚且つ相手に深いな思いをさせずに対応するにはどういった立ち回りをすることが良いのかについてご指導いただき非常に勉強になりました。

当事者というより周りの人に対しての講座内容でした。

武道と格闘技は別物であるという事、力のなき者が力のある者に対処することで安全を確保する事に繋がるといったお話も伺いました。私自信、少し格闘技を習っていたので個人的にも非常に興味を惹く内容でした。

暴力行為は自分よりも力のない者に向かいがちなので、全般的に力のない女性や体力のない方にとって有益な講座だと思います。

もう少し、詳しく習って施術に生かすことが出来ればと思いました。今後何か有益な情報があればこちらに掲載させてもらいます。

最近多い背部痛

ここ最近、背部痛、特に左肩甲骨から首にかけての痛みを訴えているクライアントさんが増えています。

この背部痛は決して何か運動をしてなったりしている訳ではなく、朝起きたら痛みを感じたといった事を伺います。又、同じような痛みを訴えている方が数人続けて来院されています。

この痛みの背景にあるものは何か?という事なのですが・・・

左側の背中というのは膵臓の疲弊により痛みとなって出てくることが多々あります。寝方の悪さが原因になっていると一見思いがちな所ではあるのですが、実際は炭水化物、糖質などを多量に摂取することで膵臓に負担がかかり、こういった現象となって出現したりします。

膵臓からはインシュリンと呼ばれるホルモンが出ており、そのインシュリンが各細胞に糖を運んでくれます。その作業が過剰になる事で膵臓で分泌されるインシュリンが多量に必要になる為、膵臓が悲鳴を上げてしまいます。

人間の身体というのは、防御反応という物を知らず知らずの内に行っており、悪いところを庇うような体勢をとります。わかり易い例で言えば、お腹が痛くなると人は自然と背中を丸めてお腹を守ろうとしますよね?そういった事を他の臓器に負担が掛かった時も行っています。

その防御反応により、背部に痛みが起こるといった現象が出てくるのです。もし、中々とれにくい背部痛がある方は、一度食事制限を設けてみる事をお勧めします。その事で症状緩和されたら膵臓に負担が掛かっていた可能性が高いと思われます。

右背中の痛み

背中から首にかけて最近痛みが続いており、肩が上げにくいという事で来院されました。
スポーツはされていますが、酷使するような使い方はしていないようでした。

右背部と左背部を比較すると右背部の緊張が異様に強く、右脊柱の部分一帯に強い痛みがありました。
大して酷使していない筈なのに緊張が強く出るのは内臓に関連しているのではないかと疑い、聞いてみたところ、最近、喘息とアレルギーの薬を続けて飲んでるとの話でしたので、肝臓に負担が掛かっているのが緊張の原因であったのでしょう。

そして、薬を飲むことにより体内の酸塩基平衡が乱れてしまい、身体が酸性に傾きます。それは薬を解毒する事で活性酸素が発生します。すると身体の恒常性を維持するために体内をアルカリに近づけようと身体が反応します。その時に関節内でピロリン酸カルシウムなるものが発生し痛みを誘発します。その事が良く分からない関節痛の原因となります。

この関節痛の事を偽痛風と呼びます。アレルギー症状の起こり易い季節に起こり易いので、体内をアルカリに近づける食品で予防すると良いかもしれません。クエン酸や梅干しが代表的です。

肥満症

先日、肥満体質を改善させたいというクライアント様が来院されました。

一見すると肥満になる人というのは、運動不足が原因と思われがちですが原因はそこだけでなく、食生活のちょっとした勘違いや甲状腺の働き、糖代謝の悪さ、遺伝などの要因が重なり合い現状を引き起こしている事を説明させていただきました。

問診をさせていただいたら、思っていたような問診で無かったことに驚かれていました。生化学的な事も関与するので少し難しい説明もあったかもしれませんが。

体重を落とすには代謝をあげる事が大事なのはお分かりいただけると思います。その代謝を上げるには運動をすることが必要になってきます。しかし、体重が増えすぎてしまうと動こうという気力もそがれてしまうので、そのまま放置になってしまい改善されずに時間だけが過ぎていきます。

放置することで、関節痛や心疾患のリスクを高めてしまいます。そして、何らかの疾患や怪我により入院する事になったら介助者も大変です。本人も満足できるような介助を受けられるか難しなります。そういったリスクを減らす為にも早めに対処する事が必要です。

このクライアントさんは非常に前向きに考えて下さり、何とか現状を改善しようという意志が伝わってきたので、私も出来る限り協力していこうと思っております。

今後も変化を見させていただき、少しずつでも代謝を上げる方向に向けるよう指導させていただく予定です。今後も経過をこちらの方に書かせていただきます。

術後の経過数年後の痛み

数年前に股関節のオペをされたクライアントさんが来られました。

腰痛及び大腿部神経痛の主訴で来院されたのですが、股関節を動かし過ぎるといけないとの整形の医師からの指導がある為、極力股関節は動かさずに施術を行いました。幸い施術後は少し楽になって帰ってもらえました。そして、日常でも行って欲しい運動についてもお話させて頂きました。

股関節には腸腰筋と呼ばれる筋肉が付着しており、腰痛とは密接な関係があります。大腿部から腰部に繋がっており、腰痛になるとこの部位の動きは非常に悪くなります。ましてや、オペを行っており股関節の可動域が狭い状態ですので、健側と比較すると動きはかなり悪くなっています。酷い腰痛で来院されるクライアントさんは共通して股関節の動きが悪くなっています。

股関節と言うのは非常に重要な部位なので、整形外科の医師にどの程度の可動域であれば運動をしても差支えないのかは確認しておいた方が良いです。動かせる範囲だけでも動かさないとその部位の筋肉は収縮してしまいます。少しでも可動域があるに越した事はありませんから。

痛みが出てない時は良いのですが、痛みが起こると股関節を不用意に動かせない為アプローチが限られてきます。そして、手術を行っている側の足はどうしても神経伝達も悪くなりがちで、足関節は下垂気味となります。そうなると、左右のアンバランスを生み腰痛の起こり易い身体となってしまいます。

これらの事を少しでも起こりにくい状態にする為には自己指圧も必要である旨をお伝えしました。やはり、私どもが触らせて頂く時間というのはせいぜい小一時間程度です。施術後は楽になっても、暫く経つと元に戻ってしまいます。「根本から治します!」「神の手を持つ〇〇!」などといったところに行けば治るのかもしれませんが・・・。残念ながら私はとてもこのような事は言えません!

生活習慣というのは中々改善することは難しく、毎日意識することも必要になってきます。その意識をもつことで少しずつ現状を改善する事になります。ちゃんとした指導を受ければ、それは間違いありません。

発達障害 経過

今回、二回目の施術をさせて頂き、前回との変化をお伺いしました。

親子関係に関しては、以前よりも良い状態になっているようで、指導させて頂いた事をして下さっているようでした。中々、前回から少し経過しておりどのような様子かと心配しておりましたが、何とか良い方向に向いてる報告を受けたので少し安心しました。

前回、触らせて頂いた時よりも、少し緊張がマシになっているせいか、触っても逃げることが減り少しアプローチがし易い状況になりました。警戒心の強い傾向にあるので、慣れるのに時間が掛かるとは思いますが、ご自宅でのアプローチを継続してしっかりと行って頂くよう指導させてもらいました。

学校での友人関係に関しては少し難があるようですが、とりあえず親子間の状況が改善してきているので、悪い傾向ではないかと思っています。今後は少しずつ友人関係の構築が上手くいくように出来るようにアドバイスさせて頂きましたがどういった結果になるか・・・経過はまたこちらに載せていきます。

やはり、ずっと一緒に居る事で気付かない部分もあるので、客観的な意見を出すことも有効であると思います。

共に居る時間が長いとお互いに遠慮や気遣いが無くなってしまい、人を傷つける言動を知らず知らずの内にしている事は誰でもあると思います。現実、お互いだけでは答えが見つからないことは多々あります。お互いが正しいと思っている間は問題解決しないのですから。
親子関係・夫婦関係・友人関係等ありますが、改善するための第三者の意見というは大事なのかもしれません。

そういった事を今回のクライアントさんから学ばせて頂いている気がします。

不眠症

不眠症のクライアントの施術を行いました。

不眠というのは、交感神経が昂っている状態であることが大半です。その交感神経が昂る理由として・・・
・悩んでいる事がある
・体が冷えている
・緊張している
・動き過ぎ
これらの事は睡眠を妨げる要因となります。
クライアントさんには色々と状況を伺い、上記の事についてお話させて頂きました。ご自身で出来る事も指導し、施術させていただきました。

睡眠不足や頭痛の方に共通しているのですが、皆さん首の筋緊張が半端ない方が多いです。頸椎の緊張は睡眠を妨げる要因となりますので、しっかりと緩める事が必要です。

日常生活の中で上記の項目が当てはまっている人は熟睡が出来ないため、ちょっとしたことで覚醒してしまったりします。そうなると日中は眠たくなってしまい、仕事の作業効率は悪くなってしまいます。

たまに寝るのが勿体ないという方も居られますが、睡眠というのは生命活動をするうえで非常に重要な役割をしており、消化や吸収・疲労回復・成長・思考の整理・便形成を行っています。これらの事が正常に行われなくなってしまうと自律神経の乱れを生じるので体調不良の原因をつくります。

睡眠不足の背景にあるのは、精神的な不安であったり悩みというものが多く、これらを取り除くことも重要な事になります。今回それに関する事もお話させて頂きました。

不眠症で我々が介入できるのは、指導の部分が大きく、施術を行って改善してもご自身で改善する努力は必須ですので、自宅でのケアに関する事はしっかりとお話させてもらいました。

施術後は少し楽になったようなので安眠できるのではないかと思われます。ただし、私が介入しても日々の努力が必要となるので、今後の経過もみていきたいと思います。こちらにも少し詳しく書いておりますので参考にご覧下さい。
不眠症

PS.いつもなのですが、問診の重要さは改めて感じました。私自信の力不足もあるのかもしれませんが、しっかりとお話を聞くことが解決には必要な事であると私は思っております。

起立性調節障害 経過

先日、起立性調節障害のクライアントさんの二回目の施術を行いました。

前回の施術より、時間が経過しており、様子を伺っていると以前よりも起床時の辛さは軽減されているようで、精神的にも少し落ち着いた様子でした。

ある程度、こちらの指導も守ってくれているようで、ご本人さんとご家族の努力により少しずつ変化が現れているので、こちらとしては嬉しいご報告を頂けました。

起立性になり易いタイプというのは、周りの事を気にし過ぎる傾向があり、心身ともに感じ易い人が多いようです。感じすりることで身体はストレス過多状態に陥り、ストレスホルモンを分泌します。

ストレス反応が起こると、ノルアドレナリン、コルチゾルといったホルモンが放出され元気に動けるように対応してくれるのですが、そのサイクルが上手くいっていない状態が起立性調節障害の状態です。

ノルアドレナリン、コルチゾールといったホルモンは副腎から放出されており、ノルアドレナリンで血圧を上げ、コルチゾールで糖代謝をあげようとします。そうなると、糖代謝する為に糖が必要となります。ところが、その代謝に利用できる糖が足りないと細胞が上手く働いてくれません。

その為には糖代謝され易い糖質を摂取することが必要になるので、その事をお話して日常生活を意識して過ごしてもらうように今回は指導させて頂きました。

また、今後の動向もわかり次第ご報告していきます。